Dwarf Standing on the Shoulders of Giants

If I have seen further it is only by standing on the shoulders of giants. by Issac Newton

2010年1月10日

ヒウィッヒヒー

twitterは、一体何を目的としたメディアなのだろうと、ふと考えてみた。位置づけはこんな感じなのだろうか。

短文長文
顕名twitterブログ
匿名2ちゃんねるはてな匿名ダイアリー

要するに、 2ch 的な、短文で、その代わりある程度即時的なコミュニケーションを顕名でしたいということか。とはいえ、これで説明できるのはある程度読者を意識した tweets であって、「帰宅なう」みたいな、 2ch では「チラ裏」として忌避されるような tweets は、一体何を目的としてやっているのかよく分からない。

twitter を見ていて、一番の欠点だと思っているのは第三者がログを追いにくいこと。もっとも、それはやはり 2ch も五十歩百歩で、コミュニケーションの当事者はやりとりを直に追っているからいずれにせよ問題ない。 2ch に関しては専ブラの機能等で、アンカーの内容をポップアップしてくれれば極めてやりとりの流れを追いやすくなる。 twitter にも専ブラがあればいいということ? その前に retweet の機能を公式にサポートすることからだな。ちなみに、ログの追いやすさということに関しては一応 2ch の方が「五十歩」で、あっちは基本的に1つの会話に関しては1つのスレッド内で完結しているので、画面をスクロールして行ったり来たりすればよろしい。 twitter の方は、会話の内容を追うためには会話に参加しているユーザのページをそれぞれ見ないといけないから「百歩」。

何でこんなことをいきなり言い出したかというと、物理学者が結構やっているから。自分の分野でも佐々さんとか菊池さんとか、分野が変われば早野さんとかいろ物さんとかもいる。こういう会話のログを追おうとすると、結構面倒くさい。他にも教授とかユキヒロさんとかもやっているみたいだし(細野さんはやってないらしい)、あと個人的友人も何人か。そういうわけで、始めてみようかとも思わなくもないが、ここを見れば分かるように、独り言(とは言ってもある程度は仮想の読者は意識しているが)を垂れ流すだけなら、自分は一気にまとめてダラダラと長文を書く方が好きなので、いまいち踏ん切りもつかない。コミュニケーション目的なら、 2ch 的な非「チラ裏」なやりとりであれば嫌いではないので、悪くないかもしれない。

Pidgin に Pidgin-twitter なるプラグインがあるらしく、これは便利そうだと、アカウントも取ってないのに思ってみた。それでは計算するので消えます。ぼわん。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム